スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの受け口

こんばんは川口です。
今日は東京まで勉強会に行ってきました‼︎


タイトルにもあるように
『子どもの受け口』についての装置を学んできました( ^ω^ )


まず受け口とは??

出っ歯とは逆の状態で、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態を「受け口」(反対咬合)と言います。

画像はテキストからです。

三歳児検診などで指摘されるお子さんが多いです。
昔は様子見をしましょうと言われることも多かったそうです


しかし、最近はマウスピース状の装置を使うことによって早期治療が可能になりました★
しかも装置は寝ている間だけ!
なので小さなお子さんでも簡単に使うことができます( ^ω^ )


装置はというと。。。

手のひらサイズでかわいい♡笑

名前は『ムーシールド』といいます!
使い方は寝る時にお口の中に入れておくだけ!
それによって、口の周りの筋肉の機能を整えることによって受け口が改善されていきます。


三歳児検診で受け口と診断される子の中でも、、、
・下の歯6本が上の歯にかぶさっている場合
・家族に受け口の方がいる場合
は自然治癒することはほとんどありません(>_<)
なのでなるべく早いうちに成長を阻害する因子を除去してあげるべきです!!


大人になってからだと成長も終わってしまい、顎の骨を手術となる場合も…>_<…
ムーシールドを使って、受け口を治すには成長期で低年齢であることが望ましいです!!

もしお子さんが受け口で悩んでいる方、知り合いの方で悩んでいる方がいれば一度お話を( ^ω^ )

シバタ歯科小児センターでもたくさんの子がムーシールドで受け口の治療をしてかわいく、かっこよくなっていってます★
いつでもご相談ください*\(^o^)/*


では駅弁食べながらの帰宅でーす

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

shibata+staff

Author:shibata+staff
小児歯科担当スタッフのブログ
子供の歯に関する知っておきたい情報を中心にお話ししていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。